ダイエット薬ゼニカル

ダイエット薬ゼニカル

ゼニカルビタミン

 

 ゼニカルで脂質をカットしたら同時にビタミンも補うように心掛けましょう。体重管理が容易になったけど、何だか肌の調子が悪い。そんな経験をした方も多いのではないでしょうか。

 

ビタミンは油に溶けやすいのでゼニカル服用によって失われてしまいますケースが有ります。

 

特にゼニカルで大半が失われてしまうとされてるビタミンビタミン、A、D、E、K等とされてます。極力はバランスの良い食事で、難しい場合はマルチビタミン等で補うように心掛けましょう。参考までに、これ等のビタミンの重要性と豊富に含む食材を下記にまとめてみました。

 

ビタミンA

ビタミンD

ビタミンE

ビタミンK

豊富に含む食材として卵・牛乳・プロセスチーズ・マーガリン・バター にんじん・春菊・ ほうれん草・カボチャ・ にら・ 小松菜 等とされている。

豊富に含む食材として椎茸・くろかじき・紅鮭・にしん・秋刀魚・かわはぎ・卵等となっている。

赤ピーマン・カボチャ・アーモンド・マーガリン等

納豆・モロヘイヤひじき・抹茶(粉)カイワレ大根等

ビタミンAの役割とし
皮膚・粘膜を正常保持したり視覚の正常化等

ビタミンDの役割は
カルシウムやリンなどのミネラルの代謝や恒常性の維持、骨の代謝に働きかける。

ビタミンEの役割は抗酸化作用で活性酸素の害から身体を守り三大疾患と言われる、癌、心筋梗塞・脳卒中などの生活習慣病を予防する、また 、血行障害からくる肩こり、頭痛・冷え性等の症状を改善

ビタミンKの役割とし
怪我をして出血した際に血液を固める働きと、骨にカルシウムを沈着させる重要な働きがある

不足すると夜盲症・肌の乾燥・成長障害等深刻な問題を起こす可能性があるとされる。

不足すると子供は
「くる病」成人では「骨軟化症」などが起こる可能性がある。

良い事尽くめのようですが、大量に取りすぎると血が止まりにくく成るので注意が必要。

不足すると出血傾向となり、また骨粗鬆症や動脈硬化になりやすくなるとされている

 

ただ、食事で摂るとすると、やはり非常に適量を摂るのが難しいですよね。そんな時はマルチビタミンの力を借りてみて下さい。

 

健康体を維持していくのに必要なビタミンを適度に摂りたい時に、とても効率的に摂取できます。