ダイエット薬ゼニカル

ダイエット薬ゼニカル

ゼニカル安全性

 

 痩せたい人の強い味方!ダイエット薬ゼニカルの安全性を徹底検証!

 

痩せたい!キレイになりたい!けれど身体に極度な負担の掛かる偏ったダイエットは避けたい!そんな人に紹介するのが、こちらのダイエット薬ゼニカルです。

 

因みにジェネリックで「フォビカル」という名でも出ています♪けれど、薬という分類に入ってくると何かと不安になりますよね。

 

そこでゼニカルの安全性を分析していきます。しっかり安全性と特徴、効能を理解して頂いた上でゼニカルでのダイエットにトライして頂きたいと思います。

 

まず、ゼニカルは脂肪吸収阻害剤で日本でも人気が有ります。

 

具体的には、脂肪を体内に蓄積させる「リパーゼ」という酵素の働きを阻害して食事で摂取した脂肪分を約30%体外へ排出すると言う仕組みになってます。

 

 

従って、脂肪分を含まない食事の際には服用は必要ありません。というか、服用したところで効果を発揮する場面が有りません。しっかりと用法・用量を守って安全に服用しましょう。

 

 

 

 

過剰摂取は思わぬトラブルを引き起こします。

 

また、誤解される方も多いかもしれませんが、ダイエット薬と謳って、脂肪分をカットすると謳ってますが。

 

既についてしまった脂肪分を落とす薬ではなくあくまで、食事の際につく脂肪分をカットする効能が有る薬

 

ですので、思った通りに痩せないから粗悪品だ!という訳では無い点を認識して頂けたら有り難いと思います。下記に有効な使用法を挙げたいと思います。

 

脂肪分を含む食事をする時、食事中、または食後30分以内に1錠服用

 

但しコース料理や居酒屋などで長時間食事する場合は

 

食後の服用では遅いため、食後を待たずに服用します。

 

以上の注意事項・タイミングを守り、余分な脂肪分を排出し、同時に適度な運動や食事のバランスに気を配り太りにくく、且つリバウンドしにくい身体を手に入れましょう。

 

ゼニカル効果

 

 ダイエット薬として浸透してきてるゼニカルですが、では果たして、そのゼニカルの効果とは、どういった物なのでしょう。

 

前頁でも述べましたが「リパーゼ」という酵素の働きを阻害して食事で摂取した脂肪分を約30%体外へ排出。

 

ではリパーゼとは、そもそも何なのか・・・・・・。リパーゼについても少し説明していきたいと思います。

 

リパーゼは胃液にふくまれている脂肪を脂肪酸に分解する消化酵素です。

 

通常、食事をして脂肪分が胃に入ると、胃の中でリパーゼが働きます。

 

リパーゼが作用する事で、胃に入った脂肪の殆どが体内に吸収されます。

このリパーゼの働きを阻害して太りにくい身体を作るのがゼニカルです。

 

脂質の多い料理の食前に服用するとこで脂肪分を大幅にカットできることがダイエットに繋がります。ただ効果を最大限に発揮させるために注意点も有ります。

 

それは、脂質を多く含んだ食品を食事の間に摂るのを避けるように心掛けるという点です。

 

(ビスケット・チョコレート・スナック類)

 

因みにゼニカルの開発はスイスの製薬会社で行われアメリカでは肥満治療薬とし認可済みです。

 

但し日本はまだで、入手法は病院の処方か個人輸入の二通りが有ります。病院で処方される場合、自由診療となる為

 

1錠で500円〜と高価!

 

高価ですよね。けれど大丈夫です!

 

個人輸入にすると1錠100円ほどで入手できます。

 

 

ゼニカル飲み方

 

 さて、実際にゼニカルを買ったのは良いけど、有効的な正しい飲み方がイマイチ判らない!って方は多いのではないでしょうか。

 

こちらのコーナーでは有効的な服用方法を案内したいと思います。まず最大の効果を得る為に、脂質を多く含んだ食品。

 

(ビスケット・チョコレート・スナック類)を食事の間に摂るのを避ける。

 

 

また何度も表記して、くどく感じるかもしれませんが。

 

食事内容に脂肪分を含まない時に服用しても全く効果はありません。そして過剰摂取したところで更に痩せやすくなるわけでもないので過剰な摂取は絶対に止めましょう。

 

因みに禁忌として、重要な事項も有るのでご自身が該当してないか、しっかり確認の上で服用しましょう。

 

まず、18歳未満は使用できないので注意しましょう。

 

また、慢性的に消化不良で便秘や下痢を繰り返している人や

 

糖尿病や甲状腺疾患の持病があり服薬してる方は

 

医師と相談の上服用しましょう。

 

そのほか、食物の吸収障害、とくにビタミンの

 

吸収障害を抱えている人も使用に適しません。

 

病気の治療のために抗血栓薬や血液抗凝固薬を

 

使用している人も原則として使用が禁忌となっています。

 

全く問題なく使える方にとっては副作用のリスクが少なく安全に使用できる点がゼニカルの大きなメリットです。

 

そのメリットを活かすためにも禁忌事項をよく踏まえ問題のない環境のうえで活用していくことが求められるのです。

 

極稀に、肝機能障害が出る場合もあるので肌が痒くなったり、目や皮膚の色が黄色くなったり食欲不振などの症状が出たら、速やかに医師に相談しましょう。

 

 

ゼニカル通販

 

 ゼニカルでダイエットを考えるなら通販を使うのが断然お得です。中には偽物に警戒して病院で処方してもらう!と言う方も居ると思いますが。信頼のおける通販サイトを見付ける事がお得に無理なく買い物できるポイントだと思います。

 

確かにゼニカルも肥満治療補助薬です。「薬」です。万が一悪徳サイトに引っかかり粗悪品を取り寄せてしまうと、効果が無いで済めば良いですが健康を損なう場合が有りますので本当に注意が必要です。

 

ただ、病院で処方してもらう場合の条件として肥満であると認められる、治療目的で処方される必要が有り、美容目的で有る場合、処方してもらえないケースも有ります。

 

 

極端な肥満ではないけど、体型維持も含めてゼニカルを使ってみたいと考える方は、通販を利用するのも良いと思います。粗悪品い遭遇し無い為にも私自身もお世話になってる通販サイトを後ほど紹介させて頂きたいと思います。

 

ここからは通販を利用する際の注意事項を挙げて行きたいと思います。海外から届きますので翌日に!と言うのは不可能です。また購入金額にもよりますが、税関にて別途関税・消費税が課税されるケースが有ります。(16000円を超える場合に稀に有ります)また、まとめ買い等で1回のご注文量が多くなった場合、小分けで数日ずれて分納される場合も有ります。

 

また、代金支払い後のキャンセルや変更は受付されません。クーリングオフについても訪問販売法で定められてるものであり、ネット販売には適応されませんので買い物の際はよく検討して頂けたらと思います。